笹森綾優夢(あゆむ)、年齢は21歳。
現役の女子大生です。
私は、学費や生活費を稼ぐため、バイトでキャバ嬢の仕事をやっています。
効率よくお金を稼がなければ、大学生活を続けることができません。
だから仕事は、しっかりしなければなりませんでした。
ですが、コロナというウイルスが感染拡大して大変なことになり始めました。
緊急事態宣言が発令され、お店の方も臨時休業に追い込まれてしまいました。
完全にバイト収入が途絶えた状態。
収入がなければ学費も払えない。
生活費だって出ない。
貧困女子に突入してしまうような状況下にパニックでした。

 

 コロナという病気の所為もあり、次の仕事が見つからない。
収入が途絶えた人たちが多く、さらに過当競争にもなってしまっていました。
収入減が途絶え、何とかしなければならず思いついたのがパパ活という方法でした。
優秀な出会い系アプリを利用しました。
しかし、やりとりやLINE交換に成功するのですが、感染症の恐怖から実際に会うのは病気がなくなってからという答えばかりでした。

 

 大学の友達からの連絡が入り、彼女から朗報が届くことに!
「今は、オンラインパパ活だよ!」
こう言われました。
現在、無償支援はリアルでは難しい。
だから、オンライン上で支援してくれる人を探すのが最適だと言われました。
「オンラインパパ活なら、感染のリスクもないでしょう。安全に収入を手に入れられるんだ」
佳恋は、明るい声で話してきます。
彼女の喋り方の所為もあるのでしょうが、収入の目処が立ったような気がしました。
あとは、佳恋がどんな方法で支援してくれる人探しをしているのか。
これがわかれば、挑戦して収入を得たい!
強烈な気持ちが心の奥底から持ち上がってくるのを感じたのです。

定番アプリ女性は完全無料

助けてくれる人を探すなら迷わずコレ!